収入証明書不要

銀行系カードローンでの新規申込での収入証明書不要の場合

近年テレビ等のCMで頻繁に見かける事が多くなって来た金融関連のCM。キャッシングやローンに関する内容が多いですが、そんな各サービスの多くは銀行系カードローンになります。そのため大元の企業は大手銀行である事が多いので、安心感を持って借入れを行う事が出来るかもしれません。そんな銀行系カードローンでの新規の借入れの申込を行う際、登録に非常に手間がかかると思っている人も多いでしょうが、近年は収入証明書不要な場合も多いので、スムーズに審査が進むでしょう。収入証明書不要だと準備すべき書類が減りますので、登録する側としては楽になるでしょう。近頃、給与明細がWeb化されている企業もありますので、収入証明書を出そうとするとプリントアウトをしないと行けない等の手間が発生する事があります。しかし銀行系カードローンの収入証明書不要であればそういった手間を省く事が出来ますので、各銀行の登録手続きの内容を事前に確認しておきましょう。
実際に私が借入をした時にかなり参考になったサイト…即日融資ストライク|今すぐお金が必要な人向けカードローン|

銀行カードローンにはどんな特徴があるの?金利は?

最近テレビコマーシャルなどでも頻繁に流れている銀行カードローンは、現在とても注目されているローンのひとつです。消費者金融やクレジット会社のカードローンとは異なり、総量規制の対象外なので専業主婦のような収入のない人でも借りられるという大きな特徴があります。また、銀行カードローンのもう一つの特徴は、金利の設定が比較的低めになっている点にあります。金利が低ければそれだけ返済に有利ですから、これはとても大きなメリットになるのです。また、銀行カードローンは審査に時間がかかる傾向が以前はありましたが、現在は審査もとてもスピーディになっており、即日融資を受けらる商品もたくさんあります。銀行内に設置されている専用ATMを利用することで、その日のうちにローンカードが発行されますので、申し込みはこの方法がとても便利です。このように銀行カードローンは金利も低く、即日融資も受けられるので是非お金のピンチの際にはお役立てください。

銀行と消費者金融では銀行の方が審査が厳しいです

金融機関でお金を借りる場合は、審査が厳しい所と、比較的緩めの所があります。前者の代表は銀行です。通常銀行の場合は、一定の金額以上の収入があり、安定した職業の人、たとえば企業の正社員とか公務員といった人にお勧めです。場合によっては、自宅が本人名義であるか否か、また勤続年数などを見られることもあり、こういう点も厳しいと感じられる一因となっています。後者の代表は消費者金融です。正社員や公務員のみならず、パートやアルバイトであってもお金を借りることができます。収入さえあれば、借入ができるといっても過言ではありません。ただ消費者金融の場合は総量規制があり、年収の3分の1に相当する金額が借入限度額となっています。両者の審査で共通しているのは、収入そしてブラック情報の有無です。ブラック情報は、ローンを3回続けて延滞した場合に信用情報に登録されるもので、これがあると返済が難しいとみなされ、審査に落ちる率が高くなります。特に審査の厳しい銀行は、まず落とされます。しかし、一部の大手や中小の消費者金融は、ブラックでも融資してもらえることもあります。

家族にバレないようにお金借りるための方法とは

家族にバレないようにお金借りるためには、どのようにすればいいのでしょうか。普通個人の、それも本人名義での少額の借入の場合は、保証人が必要とされませんので、家族にわかることはまずありません。また、連絡先を固定電話でなく、自分の携帯にしておけば、自分から言い出さない限りまずバレないものです。しかし、たとえば専業主婦のように、本人に収入がなくて、配偶者名義でお金借りるような場合、それも消費者金融で借りるような場合は、配偶者の同意がないといけませんので、事前に同意が必要になります。これは、消費者金融では総量規制による借入限度額があり、配偶者が借り入れることで、本人の限度額がその分少なくなるためです。ですから、どうしても家族に内緒でお金借りる場合には、総量規制対象外の消費者金融を利用するか、または銀行で借りるといいでしょう。銀行は、消費者金融に適用される貸金業法ではなく、銀行法の適用を受けますので、総量規制が存在しないからです。

融資限度額の増額は利用実績に比例して決まります

融資限度額は極度額の範囲内で決まります。利用限度額と同じで、現在の与信の結果として利用できる範囲を指しています。極度額の変更や増額については新たな契約が必要となりますが、融資限度額については途上与信の結果として増額も可能です。増額の条件は延滞がないこと、他社の借り入れが増えていないことです。延滞は1回でもその後の与信に影響しますし、追加融資は望めなくなります。他社件数も同様です。こちらは総量規制に従って定期的に信用情報機関を通じてチェックしています。極度額の範囲内と言えども、総借入金額が増えることは追加融資では不利に働きます。融資限度額の追加を求めるのであれば、実績を積むことです。そのタイミングは長くなる傾向がありますが、他社で借りて複数の利用とするよりも、1社で融資限度額を増やす方が返済面でもラクになります。限度額は初期の与信で決まりますが、追加融資や利用可能額は実績に比例して決まることも多いのです。